▽目的▽

本会は、国内外の地域に関わる計画及び交通・運輸に関する資料の収集、保管、活用の必要性に鑑み、国内外における計画及び交通に関する希少資料を含む広範な資料の蓄積を継続的に行うとともに、その有効な情報の検索システムの完備を基に研究、資料の供与、意見交換、研修等を行い、わが国における計画および交通分野の研究の発展に寄与することを目的として、設立されました。初代会長は八十島義之助・東京大学名誉教授(故人)でした。現在の役員は次の通りです。
会長 家田 仁(東京大学・政策研究大学院大学 教授)
副会長 
屋井 鉄雄(東京工業大学 教授)・清水 英範(東京大学 教授)
事務局長 高橋 祐治
理事 5名
監事 2名
評議員 30名

▽事業▽

上記の目的を達成するために、次のような事業を行っています。
(1) 計画及び交通に関する史料・情報の収集および利用検索システムの完備
(2) イブニングセミナー・現地視察会の開催
(3) 各種計画および交通についての意見交換および研修
(4) 会報の定期発行
(5) その他本会の目的達成に必要な事項

▽定例研究会▽

毎月1回、計画または交通に関する特定のテーマに造詣の深い専門家を講師としてお招きし、講演会やパネルディスカッション等を開催しています。
<最近のテーマ>
・シミュレーションと社会実験
・旅人から見た日本の町
・変わる旅行市場
・ラスベガスにみる21世紀型都市開発戦略

▽特別講演会▽

年に数回、総会その他の機会に、計画または交通に関する重要な話題について専門家をお招きし、講演会を開催しています。
<最近の話題>
・社会資本整備の進め方の改革
・道路四公団民営化の議論

▽現地視察会▽

年数回、特定の地域を訪問して現地の関係者と意見を交換しながら計画・交通の在り方を考える視察会を開催しています。

▽個別研究会▽

学識経験者の個人会員を中心とする特定のテーマに関する研究会が随時行われ、会員が自由に参加することができます。

▽資料閲覧▽

本会の会員等から貴重な文献資料が随時寄贈されており、会報に新着情報が掲載されます。それらの文献資料の多くは市販されていないものです。会員は本会が所蔵する文献資料を閲覧することができ、事務局には閲覧のためのコーナーが設けられています。


▽会報▽

定例会など様々な事業の案内と概要の報告を掲載した隔月で奇数月に発行しています。会報のページで御覧いただけます。

Copyrighted by Association for Planning and Transportation Studies